意外と知らない相手の心理がわかる『目の動き』

こんにちは
秋山です。

今回のテーマ:相手の心理がわかる『目の動き』です。

【目は口程に物を言う】という言葉があるように、人間の心理が無意識に目に現れる事があります。
この目の動きの特徴を知っていれば、相手との会話の中で相手の考えている事を感じながら会話ができるかもしれません。

例えば、親と子供の会話で「なんで伝わらないのだろう?」という時などにこの『目の動き』に注目する事で
より有効な会話になります。

では、早速目の動きの特徴をご紹介していきます。

1.右上

目が右上を向いている時は、過去に見たことや経験したことがない事創造をしている時です。

人間は想像をする時には右脳を使うと言われています。
試合に勝ったことがない選手に、試合に勝ったらどんなだろうね?と質問をすると右上を見て創造するかもしれませんね。

他には「嘘」や「作り話」をしている可能性もあります。

2.左上

目が右上を向いている時は、過去に見たことや経験したことがある事創造をしている時です。

人間の記憶をつかさどっているのは、左脳です。
過去最高のパフォーマンスをした試合はいつ?などの質問をした時は左上を見るかもしれません。

会話中に左上を見た時は正直に話をしているかもしれません。

 

3.右下

目が右下を向いている時は、自分の体の感覚を創造をしている時です。

無意識に感じる肉体的感覚や変化に注目した時に右下を見る傾向にあるそうです。
例えば、過去のケガの話をした時などに右下を見るかもしれませんね。

 

4.左下

目が左下を向いている時は、自身の過去のコトバなどを創造をしている時です。

自分自身の経験に基づいた言葉や、自分自身に対する問いかけなどの時に左下を向く傾向があるそうです。
前の試合の時に、どんな言葉が頭にあったの?などの質問をすると左下を向くかもしれませんね。

 

5.まとめ

1.右上・・・経験のない事を想像
2.左上・・・経験のある事を想像
3.右下・・・肉体的感覚や変化
4.左下・・・(聴覚的)自身の過去のコトバ

今回は、以上の4パターンの紹介をしました。
今後も、あなた自身やあなたが子供や他人と関わる時に有効なメンタルの情報をお伝えしていきますね。