秋山 泰隆
Akiyama Hirotaka


1979年4月3日北海道札幌市出身。
メンタルトレーナー

【経歴】
・STV「1×8いこうよ!」に出演し大泉洋氏にメンタルトレーニング
・2019年6月に著書「不安な気持ちで最高の結果を出す方法」を出版
・プロアスリートへのメンタルトレーニング
・プロアーティストへのメンタルトレーニング
・プロ舞台俳優へのメンタルトレーニング
・300人以上のメンタルトレーニング実績
・人材育成講演会、メンタルトレーニングセミナーに登壇
・全国優勝選手輩出
・インターハイ、全国大会出場選手を多数輩出

 

私は人一倍メンタルが弱い選手でした。
大事な試合が近づくと不安で眠れない事や、緊張から救急車を呼ぶほどの腹痛に襲われたこともありました。
また、イップスで悩み苦しんでいた当時は常に不安や恐怖、焦燥感でいっぱいで精神的にもかなり憔悴していました。
メンタルの弱さを実感したことから、オリンピック選手やトップアスリートが実践する「メンタルトレーニング」を学び、イップスで悩み苦しんだ経験から「イップス克服トレーニング」を学びました。メンタルやイップスで悩んでいた私でも、様々なスポーツを経験し小学校4年生から始めた野球では各カテゴリでキャプテンを務めチームの中心選手として活躍。大学卒業後に東京都の実業団で10年間プレーする。周りには、その後プロ野球で活躍する選手が多数いる中キャプテン、捕手として全国上位の結果を残し東京都選抜にも選出される。
現在は、メンタルが弱いと感じている選手の気持ちを深く理解した上で、いかに本番で実力を発揮できるかを考案し選手がワンランク上のステージへ進む為のメンタルサポートや、自身がイップスで悩み克服した経験からイップス克服トレーニングにも力を入れている。メンタルトレーニングとイップス克服トレーニングの両方を習得したことにより、より上を目指す選手には「メンタルトレーニング」を、イップスやトラウマ、不安、恐怖、緊張が大きくメンタルがマイナス状態の選手には「イップス克服トレーニング」を行っている。

「イップス克服トレーニング」では、普段本人が感じる事ができない脳の無意識の部分へ直接アプローチする脳の無意識メンタルトレーニングやイメージトレーニングを用いて脳を自然な状態へと戻し、本来の力を発揮できるようにサポートを行っている。通常のメンタルトレーニングでは、脳の意識(顕在意識)部分のみのトレーニングとなるが、当所では脳の無意識(潜在意識)部分も扱い潜在能力を最大限に発揮する日本でも希少なメンタルトレーニング方法です。

様々なメンタルの状態を見極め幅広い選手に対応した独自のメンタルトレーニングを開発し、現在はメンタルトレーナーとして独立。
数々の競技の選手やチームへのメンタルサポートに加え、講演会、セミナー、心の病の方へのサポートなど幅広く活動している。
1人でも多くの方の目標達成に携わり「笑顔と感動を共有する」をモットーにサポートを行っている。

 

2019年6月10日出版

 

2019年6月10日
「不安な気持ちで最高の結果を出す方法」出版。

「ビビり=メンタルが弱い=結果が出ない」ではありません。
不安を感じていても結果を出す方法があります。

緊張やプレッシャーを強く感じる人がメンタルが弱い訳ではありません。緊張やプレッシャーに捉われて実力を発揮しきれない事がメンタルが弱いと感じているのです。

例えば、緊張してガチガチでプレッシャーに押しつぶされそうで顔が真っ青でも、自分のパフォーマンスを発揮して良い結果を残すことができればメンタルは強いということです。
逆に堂々とした態度で緊張もしていない人が、本番で実力を発揮できずに結果も残せないのであればメンタルが弱いと言われてしまうでしょう。

私自身もメンタルが弱いと感じていた一人です。しかし、メンタルを学んでわかった事はメンタルが弱いと感じていても夢や目標を達成できない訳ではないということです。
むしろ、メンタルが弱いと感じてビビっている人の方が良い結果を掴みます。ビビっていても挑戦を続けることで扉は少しずつ開けます。

本書はメンタルが弱いと感じている人へ向けたメンタルトレーニング実用書です。
本書内には実際に使用していただけるメンタルトレーニングシートもございますので、個人やチームや親子でご使用いただけます。

本番で実力を発揮する為の教科書「不安な気持ちで最高の結果を出す方法」を是非ご一読ください。